みなさん、こんにちは。jagiです。


 ちょっと時間が空いてしまいましたが、神奈川県のご当地グルメ編の後編です。書いている自分も思うのですが、これ、腹が減っている時に見るとたまりませんねぇ・・・。

 
 しかし、前回も書きましたが、神奈川県は本当に魅力的な町がたくさんありますし、横須賀市や厚木市など、アメリカ軍の大きな居留地も存在します。横浜には大きな中華街がありますし。食べ物の文化は、長崎のように、和洋折衷いろいろな名産がある土地柄だと再認識しました。

 そんな神奈川県のご当地グルメ5品をご紹介します。

 ⑥小田原バーガー

小田原バーガー

 地場産の食材等を用いたご当地バーガーで、特に何がという定義はないそうです。小田原市の地場産食材を使用したり、小田原市内の名所旧跡や特産品をモチーフとしたりする等したハンバーガー形状の料理の俗称として扱われています。


 ⑦足柄まさカリー
足柄まさカリー

 足柄山名物???金太郎にちなんで、「まさかり担いだ金太郎」のまさカリーという、駄洒落かと思い心配していましたが、やはり、その通りでした・・・。しかし、味は一流。具材の牛肉には地元のブランド牛である「足柄牛」が使われており、またカレーには珍しいゴボウも入っています。中身は駄洒落ではありません。正真正銘の逸品です。

 ⑧たんたんたぬきの担々やきそば
たんたんたぬきの坦々焼きそば

 これも、駄洒落に近いものもありますが、神奈川県の熱海の少し手前、湯河原町のご当地グルメです。焼きそばの具などは普通なのですが、ソースとして、練り胡麻や豆板醤などを主原料としたタレによる味つけが特徴です。見た目と味が全然違いそうな逸品ですね。

 ⑨かんこ焼き
かんこ焼き

 これは、神奈川県相模原市の郷土料理です。小麦粉で作った生地を少し発酵させ、フキ等の山菜、シメジ等のキノコ、クリ、アズキ、カボチャ、サツマイモ、リンゴ、切り干し大根、漬物等の様々な季節の幸を具として包んで、軽く焼いた後に蒸かして作ります。まぁ、一般的には「おやき」に一番近いかなと思います。でもこれだけバリエーションがあったら、ドンドン食欲が増しそうですね。

 ⑩けんちん汁
賢人汁

 いわゆる一つのけんちん汁です。根菜類をふんだんにつかったしょうゆベースのスープです。元来は精進料理で、神奈川県鎌倉市のお寺さんである「建長寺」が語源になったともいわれています。吉野家がメニューに出してから、全国にも認知度が高まり、お野菜がたくさんとれるヘルシーなスープとして愛されています。

 さぁて、いかがだったでしょうか?神奈川県のご当地グルメは、土地柄が大きく反されており、海岸付近の横須賀や横浜は海軍色が強く残っており、山手の方である相模原市などは、おやきなど山の幸をふんだんに使った料理があります。どれ一つとっても食してみたいですね。

 次は、山梨県のご当地グルメをご紹介します。お楽しみに!