みなさん、ご無沙汰しております。jagiです。

 長野県のご当地グルメをご紹介しはじめて、もうかなりの時間を消費してしまい申し訳ありません。個人的にいろいろと・・・。



 というわけで、今日は長野県の最終日です。いってみまひょ!


 ⑪信州みそ
信州みそ

 これは、長野県を中心に生産されている、米麹と大豆でつくる味噌(米味噌)で、淡色で辛口が特徴となっています。信州の野沢菜や蕎麦など、関東地方特に東京に流れ込んだ原因として、「関東大震災」があげられるという説があります。みそも同様で、現在では日本において生産・消費されている味噌の約4割が、信州味噌となっているそうです。


 ⑫おしぼりうどん
おしぼりうどん

 ねずみ大根という特殊な大根をすりおろし、ふきんなどで搾った汁に、信州味噌を溶かしてつゆを作り、うどんをつけて食べるものです。ねずみ大根のおろしをつかわず、しぼり汁を使うことから、「おしぼり」うどんとよばれているそうです。ねずみ大根は、通常の大根に比べて、水分が少なく、しかも辛いのが特徴です。さらに薬味として刻みネギ、削り節などを添えて食べるのが一般的だそうです。


 ⑬松茸の土瓶蒸し(松茸料理)
松茸4

松茸3

松茸2

松茸

松茸の土瓶蒸し

 長野県は、国産松茸の宝庫です。中でも上田市は県内でも有数の松茸の産地です。
 それにともない、長野県では松茸料理が多く存在します。中でも技術と高級感あふれる料理といえば土瓶蒸しです。中には焼いた松茸をはじめ、銀杏、鶏肉などが入って、淡くしかし独特の風味漂うだしを楽しむ料理です。

 
 ⑭リンゴカレー
リンゴカレー

 長野県といえば、青森県と並んで、リンゴの産地として有名です。そんな長野県で愛されているB級グルメといえば、このリンゴカレーです。そもそも、ハウス食品が「バーモントカレー」でリンゴとハチミツをブレンドして、おいしいカレーを作っている通り、カレーとリンゴの愛称は抜群です。ぜひ長野県で食してみたいものです。


 ⑮イナゴの佃煮
いなごの佃煮

 イナゴはバッタの仲間の昆虫であり、佃煮は醤油、砂糖、水飴などで味付けして煮た料理です。味は一般的な佃煮と同じく甘辛い仕上がりになっています。その中で、わずかに、緑茶の茶葉のような爽やかな風味もあるのが特徴です。食べた感じは小エビに似ているということです。戦争中などは、全国的によく食されていたと聞きますが、この長野県伊那地方など、山間部の地域では今でも食べられているそうです。


 以上です。さすが長野県。広いだけあって、いろんな食文化がありますね。

 次は、富山県に飛びます。お楽しみに!