みなさん、こんばんは。jagiです。

 日本全国グルメの旅も今日で11回目を迎えます。本日は埼玉県にしぼっていきたいとおもいます。

saitama


 埼玉県は東京都の北側に隣接している県で、人口も第5位の728万人も抱えています。したがって、ご当地グルメも多く、なんと12品もありました。12品を2回にわけてお届けします。


 ①行田ゼリーフライ
行田ゼリーフライ

 埼玉県行田市付近しかない、ちょっと変わったコロッケ的なグルメです。おからを主としたものをパン粉などの衣を使わずに素揚げしたもので、広範囲に普及はしていないそうです。行田市民のソウルフードであり、B級グルメです。


 ②北本トマトカレー
北本トマトカレー

 トマトの名産地から生まれた北本市のB級グルメ。カレーに北本市のトマト独特の酸味、甘みが加わった、大人も子供も楽しめる逸品です。北本トマトカレーの定義は

北本トマトカレーの定義

 だそうです。ぜひ食してみたい逸品です。

 ③川越太麺焼きそば
川越太麺やきそば

 もともとは、川越市周辺の駄菓子屋や寺院の境内や門前で販売されていた焼きそばで、麺が極太で短くモチモチの食感が特徴だそうです。写真を見てのとおり、肉は入っておらず、具材もシンプルです。どちらかというと、おやつ的な感じで食べられる焼きそばのようです。おいしそう・・・。


 ④煮ぼうとう
煮ぼうとう

 これは、小麦粉が比較的容易に手に入れることが可能であった埼玉県深谷地方の郷土料理です。群馬県でいうところの「おっきりこみ」と同様で、さらに深谷名産の深谷ネギも入った、ほうとう鍋です。あったまりそうですね。
ご飯も運びそうなお鍋です。

 
 ⑤春日部焼きそば

春日部焼きそば

 春日部といえば、クレヨンしんちゃんの故郷。春日部市の花「藤」をイメージした「しそふりかけ」をトッピングした、さわやかなフレーバーがウリの新感覚あんかけ焼きそばです。埼玉県にはたくさんの焼きそばが存在するのですが、春日部市の焼きそばは、ちょっと変わっており、あんかけとしそというさっぱりとしたテイストが特徴です。


 ⑥東松山焼き鳥

東松山焼き鳥

 全国で焼き鳥屋さんが多い都市が十数か所ありますが、東松山市の場合は、豚肉のカシラ肉(顔やほほの肉)を焼いたものをピリカラのみそだれをつけいただくものが特徴です。この味は昭和30年代に誕生し、いまなお親しまれています。


 さぁ、ということで、今日は、埼玉県のご当地グルメ12品中6品をご紹介しました。明日はのこりの6品をご紹介します。

 お楽しみに!